トップページ > ステンレスパイプ工業のものづくり > 精度と品質管理

精度と品質管理

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話からのお問い合わせ

ステンレス豆知識

ここから本文です。

各種規格を満足する高い精度

各種規格を満足する高い精度工業製品において、その品質、精度は言うまでもなく重要です。特にステンレス鋼管は、耐食性・耐熱性などが求められます。

JIS規格はもちろん、ASTM(アメリカ)などの各国規格に準拠する、精度の高いステンレス溶接鋼管を製造しております。

また、関係官公庁・船級協会・検査協会より認可を受けております。

信頼に応える品質保証体制

厳密な工程管理と自社検査により品質の向上に日々務めています。
また、製造業における品質管理の重要性を認識し、国際認証規格であるISO9001(品質マネジメントシステム)認証を取得いたしました。

工程管理

ISO9001に従い、材料の受入検査から最終製品まで、全工程の作業を標準化して品質管理を行っています。

  • 素材の受入検査管理
  • 製造各工程作業管理
  • 溶接施行法、溶接士管理
  • 各種計器、試験機の校正管理
  • 非破壊検査NDI有資格者保有

製品検査

製品全般について、検査員がJISまたは特別仕様に基づく試験検査を実施し、品質の確認と保証を行っております。

外観・寸法検査

機械試験

  • 引張試験
  • へん平試験
  • 押しひろげ試験
  • ツバ出し試験
  • 展開試験
  • 型曲げ試験(表曲げ・裏曲げ・側曲げ)
  • 衝撃試験

 硬度試験

  • ロックウエル硬度

非破壊検査

  • 放射線透過検査
  • 渦流探傷検査
  • 超音波探傷検査
  • 浸透探傷検査
  • 水圧試験
  • 気密試験 

各種腐食試験 

顕微鏡検査

ステンレスパイプ工業のものづくりへ戻る

このページの先頭へ

JIS規格等各国規格に準拠するステンレスパイプの他、官公庁・船級協会・検査協会の製造認可を必要とする特殊用途用ステンレス溶接鋼管も製造しています。