トップページ > ステンレスパイプ工業のものづくり > 盤石の製造体制

盤石の製造体制

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話からのお問い合わせ

ステンレス豆知識

ここから本文です。

コイル・鋼板とも対応可能な国内有数の製造体制

コイル・鋼板とも対応可能な国内有数の製造体制

ステンレス鋼管の製造方法には、様々な種類があり、用途や鋼種、鋼管の寸法に応じています。
鋼板を管状にして継ぎ目を溶接した「溶接管」を製造しています。溶接管はシームレス管に比べて表面性状が良く、管厚の精度に優れている、薄肉での製造が可能であるなどの利点があります。

溶接鋼管は自動造管機、大型プレス機を用いるという「二極体制」を確立。あらゆるサイズ・鋼種の溶接鋼管を製造可能です。
また、多様化する市場ニーズにおこたえするべく、絶えず設備の合理化、技術の向上に努めています。

 

各工程を詳しく見る

溶接 熱処理 酸洗い

ステンレスパイプ工業のものづくりへ戻る

このページの先頭へ

JIS規格等各国規格に準拠するステンレスパイプの他、官公庁・船級協会・検査協会の製造認可を必要とする特殊用途用ステンレス溶接鋼管も製造しています。