トップページ > 製造事例 > 二相ステンレス鋼溶接鋼管

二相ステンレス鋼溶接鋼管

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話からのお問い合わせ

ステンレス豆知識

ここから本文です。

製品の特徴

ステンレスパイプ工業では、新日鐵住金ステンレス株式会社とのタイアップにより、新しいSUS304代替二相ステンレス溶接鋼管の製造・販売を行います。
従来のSUS304からのコストダウン、普通鋼からステンレスへの切り替えを検討されているお客様に、強くおすすめしています。

ニ相ステンレス鋼は、高クロム(Cr)に適量のニッケル(Ni)を添加してオーステナイトとフェライトの二相組織とした、高強度・高耐食ステンレス鋼です。
クロム、ニッケルに加え、モリブデン(Mo)、窒素(N)を適量添加することにより、リーン二相鋼クラスからスーパー二相鋼クラスまで、幅広い耐食性を持つ二相ステンレス鋼溶接鋼管の製造・販売を行っています。

機械的性質や製造可能範囲などは「関連資料」をご参照ください。

二相ステンレス鋼溶接鋼管

従来のステンレス鋼管(SUS304等)との比較

  • 溶接性を大幅に改善
    SUS304と同等の「大入熱溶接(SAW)」を、省合金系二相鋼として世界で初めて可能としました。溶接部の品質改善を実現し、溶接効率も向上します。
  • 優れた耐食性・耐酸性を実現
    母材・溶接部の耐食性、耐酸性、耐応力腐食割れ性のいずれも、従来のSUS304より優れた性能を有しています。
  • 高強度で薄肉・軽量設計が可能
    本製品は、SUS304の約2倍という高い強度(0.2%耐力)を持ちます。この高強度を利用して、薄肉・軽量設計が可能です。
  • 魅力のコストパフォーマンス
    SUS以上の機械的性質を持ちながら、鋼材価格はSUS304の同等以下となっており、コストパフォーマンスに優れます。

関連資料

製造事例へ戻る

このページの先頭へ

JIS規格等各国規格に準拠するステンレスパイプの他、官公庁・船級協会・検査協会の製造認可を必要とする特殊用途用ステンレス溶接鋼管も製造しています。